StereoSound No.206

ステレオサウンド206号 ダイナミックオーディオ広告

ミュージシャンの名前がびっしり書いてある煙。

当初この煙の中身はミュージシャンの似顔絵だったのです。

若い頃のタモリ

こんな感じの絵を沢山描いて、玉手箱(Westminster)からどわぁ〜んと出てくるようなイメージで作っていたのです。ところが締め切り間際に「あんまり有名人に似てると広告としてまずいんじゃね?」ということになり、まぁ実際そんなにまずくはないのかもしれませんが、ちょっとやめとこうということにしたのです。

こちらが当時のボツ原稿なり

偶像がダメならコーランだ、ということで、とにかく音楽家の名前をびっしり呪文のように書きまくる作戦に切り替えました。

独房の壁

この時も、例によってジャズ喫茶のマスターが「よきにはからえなんじゃないの?第一証明のしようがないんだから。もし何か言われたら”近所のおじさんの顔です”とか言えばいいんだよ(笑」と言ってくれてサイコーだったので、ボツ原稿は清書の上、謹呈申し上げました。

届いたらすぐに額装してくれました

困ってしまったり、うまくいかなかったりしても、その先思いもかけないかたちで救われることがありますね。あ、これが今回の教訓です。

こんな感じで作っています。


ダイナミックオーディオ 企画室

佐藤 泰地